スポーツでの負傷とタマゴサミン

スポーツや交通事故などで外傷を受け、それが原因となって膝に痛みがでてくる場合も多くあります。

骨折、靱帯損傷、半月板損傷などがありますが、これらは原因がはっきりとしているので、何が原因か分からない膝の痛みに比べれば、対処もしやすいんだそうですね。

ただ、治ったと思っていた怪我が、何らかの形で骨や軟骨に負担をかけてしまい、骨が変形したり、軟骨がすり減ったりしてしまう事があります。

そうなれば、変形性膝関節症の予備軍となってしまいます。

そんな場合はあらかじめ予防的にタマゴサミンを飲んでおくのは賢い選択だと言えますね。

関節軟骨はいずれは年齢とともに減少してしまうものですが、そこ古傷などによって通常よりも負担が増えていれば、その減少は早くなってしまいますから。

タマゴサミンはiHA、それにN-アセチルグルコサミンによって関節軟骨を修復する機能が期待できますが、予防的に飲んでおけば、すり減り自体を抑える事ができますからね。

タマゴサミンは膝の痛みに効かない?痛みの原因は様々。

タマゴサミンで対策する膝の痛みは、その原因が特定するのが難しいと言われています。様々な原因があり、それが重なって、膝の痛みを起こしているケースが多いからです。

 

原因にはいくつかありますが、真っ先に挙げられるのがやはり老化です。年をとると、どうしても体のいろんなところが老化してきます。

膝の骨や筋肉、そして膝関節の各組織も、加齢とともに衰えてきます。

 

たとえば、関節軟骨が老化すると、軟骨内の水分が少なくなって弾力がなくなります。そうなると、骨への衝撃を和らげる働きが弱まるので、骨の変形を引き起こし、膝の痛みを招く結果になります。これ誰にでも起こりうる事です。

肥満も要注意です。体重が増えると、膝への負担が大きくなって、膝関節を傷めます。また、肥満になると体を動かすのがおっくうになり、運動不足がますます脚の筋力を衰えさせるからです。

他には、O脚、X脚などの体形的な問題や、日常生活を送るうえでの問題もいくつかあります。また、股関節や腰の痛みに関係して、膝が痛むことがあります。

外傷が原因の痛みならはっきりしていますが、それが何年も前のものだったりする場合もあります。膝に痛みはこのように様々な要因によって起こるのです。それだけにやっかいな問題といえるんですね。

タマゴサミンで対策ができる膝の痛みはこう考えると、実は限られたもの、といえるかも知れません。栄養摂取によって改善が期待できるものに限られますから。

タマゴサミンの成分には関節痛に良いとされている成分が十分に配合されていますが、膝の痛みを治すためという視点から考えると不完全、といっても良いでしょうね。

タマゴサミンと腱

タマゴサミンを飲んでいる人の中で、腱について知っている人はたぶんですが少ないと思います。

 

そこで、関節痛も関わりがあると考えられる腱についてここでは解説したいと思います。

筋肉と骨とをつないでいるのが腱です。この腱は筋肉の端にあるすじような組織。

大腿四頭筋は、膝蓋骨にサポートされるような形で、頸骨の前面に腱でつながっています。膝屈筋群も頸骨の後ろの面に腱でつながっています。

 

腱は筋肉の収縮や弛緩を骨に伝える働きをしますが、大腿四頭筋が収縮したり、膝を深く曲げたりすると膝蓋骨がピンと張ります。この時腱には大きな負担がかかっているんですね。

 

この腱の負担を軽くするように働きくのが膝蓋骨ですが、この膝蓋骨は、膝を深く曲げた時に、膝蓋健と関節安骨がぶつかり合って摩耗しないように守っているんです。

 

膝関節痛を軽減するためにタマゴサミンを飲むことは必要な栄養素を摂取できるという意味で良いことですが、タマゴサミンには膝蓋骨の栄養となるカルシウムはさほど含まれていません。

 

ですので、腱の負担を軽くしてくれる膝蓋骨のことを考えるのであれば、カルシウム不足にならないようにも気をつけたいものです。

タマゴサミンと関節液とヒアルロン酸。

人は当たり前のように二本足で歩いていますが、この当たり前のことが腰痛や膝の痛みに深刻な問題を引き起こしていることを知っていますか?

ファーマフーズから発売されているタマゴサミンの購入を検討している人なら知っていますが、膝が痛くなるということはそれだけ膝に負担がかかっているこそなんですね。

人は普通に歩いている場合は、膝にかかる重さは、一般的には体重の2倍~3倍ぐらいだと言われています。さらに、タマゴサミンではマラソンで膝を痛めてしまった人も愛用者としていますが、マラソンのように走っている場合は体重の4倍~5倍の負担になっているんです。

タマゴサミンの公式サイトにもかかれている口コミでは階段の上り降りが辛い、と言った声がありますが階段の上り降りの場合だと体重の7倍~8倍の負担が膝にかかっているんですね。

 

そういう意味では膝の間接は、常に負担がかかっていて、トラブルを起こしやすい場所だともいえます。

 

さて、そんな膝の関節ですが、膝の関節は骨と骨とか直接接しているわけではありません。

 

骨と骨が接する部分の骨は、白く光沢のある、アクリル樹脂のような軟骨で覆われています。これがいわゆる関節軟骨です。

関節軟骨の厚さは2㎜~4㎜で、弾力性に富んでいて、骨よりも柔らかいのが特徴的です。

 

関節軟骨は膝にかかる衝撃を分散させたり、骨と骨との摩耗を少なくして関節をスムーズに動かしたりする働きがあります。

 

膝を作る骨が互いにぶつかり、すり減ってしまわないのは、この関節軟骨があるからこそです。

 

関節の骨と骨とを結びつける役目を果たしているのが関節包です。

 

これは繊維でできた袋と、その内側にある滑膜という柔らかな膜でできています。

 

滑膜から関節液が分泌されていて、透明で粘り気のある液体です。

 

関節液は軟骨と軟骨が触れ合う時に動きをスムーズにして摩擦をより少なくするように、潤滑油として働きます。

氷の上でものを滑らせるよりもはるかに小さい摩耗で済むようになっています。

 

また関節液には、関節軟骨に栄養補給をする役割もあります。

 

関節軟骨には欠陥がないので、血液を通して栄養を吸収したり、老廃物を排泄したりできないからです。

 

さて、そんな関節液に欠かせない要素としてヒアルロン酸があります。タマゴサミンに含まれているiHAによって産生が促される成分です。

タマゴサミンを飲むことで、この関節液にも一定のアプローチがあると考えられるんですよ

 

サポーターは必須。関節軟骨の修復にはタマゴサミン。

関節痛は毎日辛いものです。

サポーターは、必須アイテムです。

 

私は膝関節痛を若くして患ってから、サポーターに対してすごく抵抗がありました。

かわいくないし、ダサいし、スカートはけなくなるし…嫌だなって思ってつけませんでした。

だけど、サポーターはつけた方がいいと医師に言われてからつけるようになりました。

半信半疑でつけてみたところ…楽チン!

今まで歩くだけでグラグラするような安定感がなかったんですが、サポーターをつけるだけでしっかり歩く事ができるようになりました。

それだけでも違いますね。

サポーターも、肌色や黒などカラーもあるし、いろんな薄さやタイプなんかも選べるから昔に比べたら豊富になりました。

自分がつけやすいサポーターを選ぶって大事ですね。

 

もちろん、サポーターだけではなくて、タマゴサミンも飲んでいます。年齢とともに減少するヒアルロン酸を作り出す力をアップさせてくれるタマゴサミンは関節痛で悩む人には力強い味方ですから。

 

膝というのは、大腿骨、頸骨、腓骨、膝蓋骨の4つの骨で作られているみたいですが、骨の周りには、筋肉や靱帯があり、膝の屈伸やねじりなどの動きにも大きく関わっているようです。

 

そして、骨と骨をつなぐ部分が関節。関節は関節軟骨、間接包、半月板、靱帯などの組織で成り立っていますが、タマゴサミンは、この関節軟骨の修復に役立ってくれるんですよね。

タマゴサミンに含まれるグルコサミン

タマゴサミンの成分と言えば、思いつくのってiHAだと思います。公式サイトでもかなりアピールされているので、タマゴサミンの成分といえば、iHAが思いつくと思うんですね。

ですが、案外知られていないというか、購入して飲んでいる人でも気にかけていない成分の中にすごく重要な成分があるんですよ。

それは、N-アセチルグルコサミンと呼ばれる成分です。

普通のグルコサミンとかコンドロイチンとかのサプリに配合されている成分は、このN-アセチルグルコサミンというのはあんまり含まれているケースって少ないんですね。

だいたい、N-アセチルがついていないものがほとんど。

では、このN-アセチルがついているグルコサミンの何が良いのか?っていうのが問題になりますよね。

このグルコサミンの頭にNがついていると、ついていないグルコサミンと比較して、体に吸収できる効率が全く違ってくるんですね。

その効率の違いは3倍ぐらいあると言われています。

これが意味するところは、普通のグルコサミンだったら1500mg必要なところが、N-アセチルグルコサミンの場合は500mgの摂取量で十分補えるという事になります。

タマゴサミンの場合はこのN-アセチルグルコサミンが入っていて、さらにiHAが入っているので、続けていく事ですり減った間接軟骨が修復されて痛みが軽減されるという仕組みになっているんですよ。