サポーターは必須。関節軟骨の修復にはタマゴサミン。

関節痛は毎日辛いものです。

サポーターは、必須アイテムです。

 

私は膝関節痛を若くして患ってから、サポーターに対してすごく抵抗がありました。

かわいくないし、ダサいし、スカートはけなくなるし…嫌だなって思ってつけませんでした。

だけど、サポーターはつけた方がいいと医師に言われてからつけるようになりました。

半信半疑でつけてみたところ…楽チン!

今まで歩くだけでグラグラするような安定感がなかったんですが、サポーターをつけるだけでしっかり歩く事ができるようになりました。

それだけでも違いますね。

サポーターも、肌色や黒などカラーもあるし、いろんな薄さやタイプなんかも選べるから昔に比べたら豊富になりました。

自分がつけやすいサポーターを選ぶって大事ですね。

 

もちろん、サポーターだけではなくて、タマゴサミンも飲んでいます。年齢とともに減少するヒアルロン酸を作り出す力をアップさせてくれるタマゴサミンは関節痛で悩む人には力強い味方ですから。

 

膝というのは、大腿骨、頸骨、腓骨、膝蓋骨の4つの骨で作られているみたいですが、骨の周りには、筋肉や靱帯があり、膝の屈伸やねじりなどの動きにも大きく関わっているようです。

 

そして、骨と骨をつなぐ部分が関節。関節は関節軟骨、間接包、半月板、靱帯などの組織で成り立っていますが、タマゴサミンは、この関節軟骨の修復に役立ってくれるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です