スポーツでの負傷とタマゴサミン

スポーツや交通事故などで外傷を受け、それが原因となって膝に痛みがでてくる場合も多くあります。

骨折、靱帯損傷、半月板損傷などがありますが、これらは原因がはっきりとしているので、何が原因か分からない膝の痛みに比べれば、対処もしやすいんだそうですね。

ただ、治ったと思っていた怪我が、何らかの形で骨や軟骨に負担をかけてしまい、骨が変形したり、軟骨がすり減ったりしてしまう事があります。

そうなれば、変形性膝関節症の予備軍となってしまいます。

そんな場合はあらかじめ予防的にタマゴサミンを飲んでおくのは賢い選択だと言えますね。

関節軟骨はいずれは年齢とともに減少してしまうものですが、そこ古傷などによって通常よりも負担が増えていれば、その減少は早くなってしまいますから。

タマゴサミンはiHA、それにN-アセチルグルコサミンによって関節軟骨を修復する機能が期待できますが、予防的に飲んでおけば、すり減り自体を抑える事ができますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です