タマゴサミンと関節液とヒアルロン酸。

人は当たり前のように二本足で歩いていますが、この当たり前のことが腰痛や膝の痛みに深刻な問題を引き起こしていることを知っていますか?

ファーマフーズから発売されているタマゴサミンの購入を検討している人なら知っていますが、膝が痛くなるということはそれだけ膝に負担がかかっているこそなんですね。

人は普通に歩いている場合は、膝にかかる重さは、一般的には体重の2倍~3倍ぐらいだと言われています。さらに、タマゴサミンではマラソンで膝を痛めてしまった人も愛用者としていますが、マラソンのように走っている場合は体重の4倍~5倍の負担になっているんです。

タマゴサミンの公式サイトにもかかれている口コミでは階段の上り降りが辛い、と言った声がありますが階段の上り降りの場合だと体重の7倍~8倍の負担が膝にかかっているんですね。

 

そういう意味では膝の間接は、常に負担がかかっていて、トラブルを起こしやすい場所だともいえます。

 

さて、そんな膝の関節ですが、膝の関節は骨と骨とか直接接しているわけではありません。

 

骨と骨が接する部分の骨は、白く光沢のある、アクリル樹脂のような軟骨で覆われています。これがいわゆる関節軟骨です。

関節軟骨の厚さは2㎜~4㎜で、弾力性に富んでいて、骨よりも柔らかいのが特徴的です。

 

関節軟骨は膝にかかる衝撃を分散させたり、骨と骨との摩耗を少なくして関節をスムーズに動かしたりする働きがあります。

 

膝を作る骨が互いにぶつかり、すり減ってしまわないのは、この関節軟骨があるからこそです。

 

関節の骨と骨とを結びつける役目を果たしているのが関節包です。

 

これは繊維でできた袋と、その内側にある滑膜という柔らかな膜でできています。

 

滑膜から関節液が分泌されていて、透明で粘り気のある液体です。

 

関節液は軟骨と軟骨が触れ合う時に動きをスムーズにして摩擦をより少なくするように、潤滑油として働きます。

氷の上でものを滑らせるよりもはるかに小さい摩耗で済むようになっています。

 

また関節液には、関節軟骨に栄養補給をする役割もあります。

 

関節軟骨には欠陥がないので、血液を通して栄養を吸収したり、老廃物を排泄したりできないからです。

 

さて、そんな関節液に欠かせない要素としてヒアルロン酸があります。タマゴサミンに含まれているiHAによって産生が促される成分です。

タマゴサミンを飲むことで、この関節液にも一定のアプローチがあると考えられるんですよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です