タマゴサミンに含まれるグルコサミン

タマゴサミンの成分と言えば、思いつくのってiHAだと思います。公式サイトでもかなりアピールされているので、タマゴサミンの成分といえば、iHAが思いつくと思うんですね。

ですが、案外知られていないというか、購入して飲んでいる人でも気にかけていない成分の中にすごく重要な成分があるんですよ。

それは、N-アセチルグルコサミンと呼ばれる成分です。

普通のグルコサミンとかコンドロイチンとかのサプリに配合されている成分は、このN-アセチルグルコサミンというのはあんまり含まれているケースって少ないんですね。

だいたい、N-アセチルがついていないものがほとんど。

では、このN-アセチルがついているグルコサミンの何が良いのか?っていうのが問題になりますよね。

このグルコサミンの頭にNがついていると、ついていないグルコサミンと比較して、体に吸収できる効率が全く違ってくるんですね。

その効率の違いは3倍ぐらいあると言われています。

これが意味するところは、普通のグルコサミンだったら1500mg必要なところが、N-アセチルグルコサミンの場合は500mgの摂取量で十分補えるという事になります。

タマゴサミンの場合はこのN-アセチルグルコサミンが入っていて、さらにiHAが入っているので、続けていく事ですり減った間接軟骨が修復されて痛みが軽減されるという仕組みになっているんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です